スポンサーリンク

問題とは何か

スポンサーリンク
本質辞典(essential.pedia)
スポンサーリンク

Udemy「The 本質」講座
無料キャンペーン実施中


TOP100企業が
「世界最高峰の思考系研修」と
絶賛する有名研修のオンライン講座版

※ リンク(↓)から無料登録できます

1. 深く考える:本質 コース
2. 深く考える:価値と商品 コース
3. 深く考える:ビジネスと企業 コース


辞書によれば、問題とは「困った事柄。厄介な事件」である(精選版日本国語大辞典)。

「困った」と「厄介な」は限定的である。
汎化すれば「価値を減らす」になる。

「事件」は限定的過ぎで、「事柄」よりも「事象」のほうが汎用的である。

つまり、辞書の内容を磨くと、問題とは「価値を減らす事象」であることになる。
そして、「価値を減らす事象」は問題すべてに当てはまり、他の事物すべてに当てはまらない。
よって、問題とは「価値を減らす事象」である。

なお、問題と課題は同じではない。
同じではないが、近年、問題と課題の区別が曖昧になってきている。

言葉(概念)の区別が曖昧になれば、思考は曖昧になる。
要注意である。

Good? or Not Good?