スポンサーリンク

前提とは何か

スポンサーリンク
本質辞典(essential.pedia)
スポンサーリンク

Udemy「The 本質」講座
無料キャンペーン実施中


TOP100企業が
「世界最高峰の思考系研修」と
絶賛する有名研修のオンライン講座版

※ リンク(↓)から無料登録できます

1. 深く考える:本質 コース
2. 深く考える:価値と商品 コース
3. 深く考える:ビジネスと企業 コース


辞書によれば、前提とは「ある物事が成り立つための、前置きとなる条件」(デジタル大辞泉)である。

「成り立つ」すなわち「成立する」のは、物事ではなく、物事を対象とする認識である。
ならば、「条件」もまた認識であると考えるべきだろう。
よって、「ある物事が成り立つための、前置きとなる条件」は「ある認識が成立するための、前置きとなる認識」となる。

「前置き」は、「前提」の言い換えでしかない。
「前提」が「前置きとなる認識」では、「前提とは前提である」と言っているようなものだ。

そこで、前提は認識であるとし、「成立する」という視点で前提とは何かを考える。

例えば、「人間は男か女のどちらかである」という認識に対して、『「私(という人間)は男である」または「私(という人間)は女である」』という認識は成立する。
このとき、「人間は男か女のどちらかである」という認識は、『「私は男である」または「私は女である」』という認識が成立する前提とされる。

他方、「人間は男か女のどちらかである」という認識に対して、『「私は男である」かつ「私は女である」』という認識は成立しない。
このとき、「人間は男か女のどちらかである」という認識は、『「私は男である」かつ「私は女である」』という認識が成立しない前提とされる。

また、もしも「人間は男か女のどちらかである」という認識が成立しない認識であったらどうか。
「人間は男か女のどちらかである」という認識は、『「私は男である」または「私は女である」』という認識の前提ともされず、『「私は男である」かつ「私は女である」』という認識の前提ともされない。

ならば、前提とは「認識が成立するか否かを規定する成立する認識」であることになる。

他に、推論における前提の例も見ておこう。

世の中で、「人間は死ぬ」という認識は、『「私は人間である。ならば私は死ぬ」』という認識の大前提(ルール)とされる。

その上で、「私は人間である」という認識は、「私は死ぬ」という認識の小前提とされる。
つまり、『「人間は死ぬ」かつ「私は人間である」』は、「私は死ぬ」という認識の前提とされる。

この内、前者において、「人間は死ぬ」という認識は、『「私は人間である。ならば私は死ぬ」』という認識が成立することを規定する成立する認識である。
また、「人間は死ぬ」という認識は、『「私は人間である。ならば私は死なない」』という認識が成立しないことを規定する成立する認識である。

後者において、『「人間は死ぬ」かつ「私は人間である」』という認識は、「私は死ぬ」という認識が成立することを規定する成立する認識である。
また、『「人間は死ぬ」かつ「私は人間である」』という認識は、「私は死なない」という認識が成立しないことを規定する成立する認識である。

そして、「認識が成立するか否かを規定する成立する認識」は、あらゆる前提に当てはまる。
また、一般的に、「想像が成立するか否かを規定する成立する想像」も前提と呼ぶ。

よって、前提とは「認識(想像)が成立するか否かを規定する成立する認識(想像)」であることになる。
前提が成立するものであることを「言わずもがな」の前提として短縮すれば、前提とは「認識(想像)が成立するか否かを規定する認識(想像)」である。

なお、辞書には、前提とは「論理学で、推論において結論が導き出される根拠となる判断」ともある。
論理学における前提の解釈では、前提は推論において現れるものであるということだ。

確かに、前提を置くということは、「大前提(ルール)に基づき、前提から結論をつくること」、すなわち推論(すること)に他ならない(「推論とは何か」参照)。

例えば、既出の、「人間は男か女のどちらかである」という認識を『「私(という人間)は男である」または「私(という人間)は女である」』という認識が成立する前提とすることもそうである。

これは、大前提である「人間は男か女のどちらかである」という認識に基づき、『「私は人間である」。ならば「私は男である。または女である」』という認識をつくること、すなわち、「私は人間である」という前提から「私は男である。または女である」という結論をつくることである。

どうやら、論理学における解釈通り、前提は推論において現れる認識(想像)と考えてよさそうである。

Good? or Not Good?